産後ダイエットには重要、骨盤矯正

出産した女性の多くが、体型の変化を気にしているのではないでしょうか。妊娠中は、気を使っていても体重は増えますし、お腹周りやお尻の周りは特に肉がつきやすくなります。その為、産後すぐに体重は幾らか落ちますが、体型をキチンと戻すにはやはり産後ダイエットは必要です。子育てが落ち着いた頃に始めても遅くはありません。産後ダイエットに欠かせないのは、出産の際に開いてしまった骨盤を元の位置に戻す、骨盤矯正です。これをしなければ、ダイエットもうまく行きません。専門のクリニックや整体エクササイズを行ってもゆがんだ骨盤を治せます。また、よく使われるのが骨盤矯正ベルトなどの補正下着です。付けているだけなので、家事や子育てをしながら骨盤を矯正出来るというメリットがあります。この様に、色々な方法があるので簡単に始められます。

産後の骨盤矯正はしたほうがいい

産後は、どうしても骨盤のずれというのがでてきます。赤ちゃんが通過した後で、開いてしまった骨盤がうまく戻ってくれたらいいですが、ちょっとずれて戻ってしまうこともあります。そうなると、後々、腰痛の原因になったりもするので、出来れば骨盤矯正を行うようにしたほうがいいですね。色々とやり方はあります。市販の物で、矯正出来るベルトというのも販売しています。本当はきちんと病院で診てもらって、うまく骨盤が戻るように整復してもらうほうがいいです。でも費用も時間もかかってきます。子供を産んだ後、すぐにそういう行動に移れるかというと、ちょっと疑問です。中々そこまで手が回らないのが現状なので、ここは市販のベルトで対応しておくのがいいです。そのあと、ちょっと手が空いた時期に、きちんと直してもらったらいいです。

産後の骨盤矯正は大事

産後の骨盤矯正にはとても興味がありました。産後に骨盤の状態を整えることが、体調回復のスピードにも影響があると聞いたからです。骨盤矯正のための整体に通えれば一番良かったのですが、生まれたばかりの新生児は母乳だと昼間には一時間ごとくらいにお腹が減って泣くので、整体に通うことはできませんでした。代わりに、骨盤を支えるベルトを出産後すぐから付けていました。マジックテープで簡単に付けられるタイプです。ちなみに、妊娠中にもお腹を支えるのに使っていました。実は、付けていなかった場合と比較できたわけではないので、効果があったかどうかはよくわからなかったです。けれど、入院中にベルトを締めていたら助産師さんが「偉いね。付けておいたほうが良いよ」と言っていたので、おそらく気づかなかっただけで何かしらの効果はあったはずです。